読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

管理人のSE経験値(Exp)を見える化するブログ

中小企業(独立系Sier)でインフラエンジニアをしている管理人が日々の業務、自己啓発によって得た知識、経験を雑記するブログです。

Windows Server 2012 R2:リモートデスクトップ接続のデスクトップ画面表示までに時間がかかる

問題

Windows Server 2012 R2のサーバーに対してリモートデスクトップ接続をするが、デスクトップ画面の表示までに非常に時間がかかった為、対応を行った。

リモートデスクトップ接続時にイベントログを確認すると以下のエラーイベントがイベントログに記録されていた。

イベントログ

項目 内容
ログの名前 System
レベル エラー
ソース Service Control Manager
イベントID 7011
内容 ScDeviceEnum サービスからのトランザクション応答を待機中にタイムアウト (30000 ミリ秒) になりました。
項目 内容
ログの名前 System
レベル エラー
ソース Service Control Manager
イベントID 7011
内容 UmRdpService サービスからのトランザクション応答を待機中にタイムアウト (30000 ミリ秒) になりました。
項目 内容
ログの名前 System
レベル エラー
ソース Service Control Manager
イベントID 7000
内容 "Smart Card Device Enumeration Service サービスを、次のエラーが原因で開始できませんでした:そのサービスは指定時間内に開始要求または制御要求に応答しませんでした。"

原因

リモートデスクトップ接続でログインする際にUmRdpServiceが動作し、RDP接続用のデバイスのリダイレクトを行っているが、その中でスマートカードリーダー機器に関するサービス「Smart Card Device Enumeration Service(ScDeviceEnum)」の参照に時間を要し、結果的にリモートデスクトップの動作が遅延している模様。
現象が発生したサーバーについてスマートカードリーダー接続を使用していない為、サービスの停止、スタートアップの無効化を実施した。

対応内容

「Smart Card Device Enumeration Service」のサービスを"停止"し、スタートアップの種類を"無効"にした事で問題が解消された。

f:id:Miyamon:20160824014255p:plain

利用環境

Windows Server 2012 R2