読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

管理人のSE経験値(Exp)を見える化するブログ

中小企業(独立系Sier)でインフラエンジニアをしている管理人が日々の業務、自己啓発によって得た知識、経験を雑記するブログです。

Windows Server 2012 R2:ログオン時のサーバーマネージャーの自動起動をPowerShellにて無効化

目的

Windows Server 2012 R2 ログオン時のサーバーマネージャーの自動起動PowerShellにて無効化する。
※個人的に結構邪魔だと思っています(笑

* 設定箇所
f:id:Miyamon:20160923211835p:plain

ローカルポリシー/レジストリ (全ユーザープロファイル)

ローカルポリシー、レジストリの設定箇所について以下に記載する。

  • ローカルポリシー
    f:id:Miyamon:20160923212057p:plain

    f:id:Miyamon:20160923212200p:plain

項目
設定箇所 ローカルコンピューターポリシー\コンピュータの構成\管理用テンプレート\システム\サーバー マネージャー
設定項目 ログオン時にサーバー マネージャーを自動的に表示しない
設定値 ・未構成【既定】
・有効
・無効
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ServerManager
名前 DoNotOpenServerManagerAtLogon
種類 REG_DWORD
0:有効【既定】
1:無効

PowerShell

PowerShellのコマンド実行例を以下に記載する。

設定例:サーバーマネージャーの自動起動を無効化

Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\ServerManager' -Name "DoNotOpenServerManagerAtLogon" -Value 1

利用環境

Windows Server 2012 R2