読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

管理人のSE経験値(Exp)を見える化するブログ

中小企業(独立系Sier)でインフラエンジニアをしている管理人が日々の業務、自己啓発によって得た知識、経験を雑記するブログです。

Windows 10:メッセージングに関するプライバシー設定をグループポリシーにて制御する

目的

Windows 10のメッセージングに関するプライバシー設定をグループポリシーにて制御する。
※本設定は事前にWindows 10 Version 1511のAdministrative Templatesを導入する必要があります。導入されていない環境の場合、グループポリシー設定上に設定項目が表示されません。

変更箇所 (ドメイン/ローカル一般ユーザー)

f:id:Miyamon:20161003091032p:plain

Administrative Templates

Download Administrative Templates (.admx) for Windows 10 - 日本語 from Official Microsoft Download Center

グループポリシー設定

グループポリシーの以下設定を変更する。

設定画面

f:id:Miyamon:20161003091221p:plain

f:id:Miyamon:20161003091304p:plain

設定項目

項目
設定箇所 グループポリシー\コンピュータの構成\管理用テンプレート
\Windowsコンポーネント\App Privacy
設定項目 Let Windows apps access messaging
設定値 ・未構成【既定】
・有効
 →user is in control
 →Force Allow
 →Force Deny
・無効


設定値説明

設定値 説明
user is in control 組織内の従業員は、Windowsアプリケーションがデバイス上で[設定] - [プライバシー]を使用して、メッセージングにアクセスできるかどうかを決定することができる。
Force Allow Windowsアプリケーションは、設定を変更することはできません。組織内の従業員はメッセージングへのアクセスが許可されいる。
Force Deny Windowsアプリケーションは、設定を変更することはできません。組織内の従業員はメッセージングへのアクセスが許可されていない。


「Let Windows apps access messaging」を"有効"/"Force Deny"設定後 (ドメイン/ローカル一般ユーザー)

f:id:Miyamon:20161003091710p:plain

利用環境

Windows 10 Pro 64bit (バージョン:1511)
DCサーバー:Windows Server 2012 R2
フォレスト機能レベル:Windows Server 2008 R2
ドメイン機能レベル:Windows Server 2008 R2
Windows 10 Version 1511 Administrative Templates導入済み環境